音ゲーによる関節痛 その後


公開日: 

親指の付け根が痛くなった問題のその後について説明します。

結論から言うと、おそらく完治はしていません。

5月中は結構傷んで、湿布やバファリンを飲んだりして炎症を抑える事に特化していました。だけど、音ゲーはほぼやっていないのに親指で掴む動作をすると痛むので、その動作をしないように2,3日意識していた所、痛みがかなり薄れていった感じ。今ではその、親指でつまむ動作をやっても全く痛くはなくなったので、一番酷い段階では無くなったのかな、と。

冒頭でおそらく完治していない、と言ったのは、今でも音ゲーをやってると一瞬だけ痛みを覚える時があるからです。おそらく、1月ごろから長い時間をかけてこの炎症を育ててきてしまったので、これらが完治するには同じくらいの長い期間が必要なのかなぁ、と思います。

親指に負荷がかかりすぎる状況は極力避けるように、ちょっと違和感や痛みを覚えたらやめるように意識して、ゆっくり回復させていけたらいいな、と考えています。

皆さんも腱鞘炎や、手の関節の炎症には気を付けてください。手遅れになる前に病院に行ったり、痛みを覚えている状況で無理をしないようにしましょう。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

PAGE TOP ↑